津田沼のバイトは週末限定

津田沼は千葉県習志野市にあり、その主要な地域として、JR津田沼駅は、千葉県習志野市津田沼一丁目にあるが、改札は習志野市側にあるが、ホーム西側の一部が船橋市前原西二丁目にまたがっていることから、船橋市との境に位置します。
また、400メートルほど離れたところには、、新京成電鉄新京成線の新津田沼駅があり、八千代方面からの乗客がこの新津田沼駅でJRとの乗り換えによく利用されている。
津田沼駅の北口側では、1970年代にかけて両市域に跨る再開発事業が行われ、これをきっかけに大型商業施設の進出が相次ぎ、1970年代後半にかけて、「津田沼戦争」と呼ばれるほど駅周辺の商業エリアが活性化した。
しかし、2000年に入るとダイエーの急速な業績悪化による、店の縮小や撤退がはじまり、今は一時期ほどの賑わいは薄い。
その為、駅前を中心としたバイトの募集は、隣の船橋駅から比べるとかなり少なく、また勤務シフトなども短時間のものや、土日のみの週末だけに限る募集に限られてしまう。
また、津田沼から先の千葉県内は、交通の足が電車ではなく、車の利用が主流となる為、店舗などの展開も広範囲に分散し、多く住宅を抱えた地域などに大型の駐車場を設けたショッピングセンターが多く展開する形になっている。
従って、バイトの募集は駅周辺だけでなく、さまざまなエリアで主要幹線道路を中心に幅広く募集が展開されている。
しかし、これらの募集はあくまでも地元の人をターゲットにしているので、交通費などの支給はなく、自力で職場に向かう足が必要になってきます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.